• Provisional Restoration

    Provisional Restoration
    プロビジョナルレストレーションと言う治療の最終段階で入れる歯のことを言います。
    ※模型の色と違うところがその歯です🦷
    ちなみにヨーロッパなどではInterim/Temporary Restration , Treatment Restration, Provisional Restration,
    最後にFinal / Permanent Restrationと
    最初から最後の歯を含めると4回歯を入れ替えることもあるのが本物の歯科医療です。

    日本の保険治療ではいきなり本物ということも普通です😅

    本来はどんな被せ物の治療も歯科治療は一発勝負ということはあまりありません。
    優れた歯科医師の仕事の裏には優れた歯科技工士(デンタルテクニシャン)がいます。

    模型の写真をみると我々はその歯科医師の治療レベルを測れます。つまりパートナーの歯科技工士の実力を見ているのです。
    いつも当院の患者様にお話するのですが、私は歯科医師としてトップでは決して無いです。
    しかし、まじめにやらせていただいていますと・・
    最低限僕のレベルで仕事をしていないとそれは、自由診療、自費診療というレベルではありません。

    Instagramなどで見る仕事でも完全に保険のレベルの仕事で、自費治療、自由診療とお話されている歯科医師をよく見かけます。
    残念なことです。
    患者様は歯科医師のレベルはわからないとおっしゃる方がいらっしゃいます。

    しかし、見分け方は比較的簡単で、ルーペやマイクロスコープが常に使える状態になっていて、必要な時はラバーダムをしてくれる、患者様の話は自身の行った治療の写真や動画、プレゼンテーションを見せて説明をしてくれます。
    このようなことをルーティンワークで行わない歯科医師であれば、治療のレベルは保険診療と変わらないと言えるかと思います。あとは写真もステキに撮られる歯科医師が多いです。

    ※あくまで一例ですので、ルーペやマイクロスコープがなくてもレベルの高い歯科医師はもちろんいらっしゃいます。説明は僕は患者様に対する誠意と考えます、実力というより歯科医師の性格を表すと思います。

    お悩みの方はお気軽にご相談ください!

無料相談
ページの先頭へ戻る