• MTA Obturation (MTAセメントを使用して穴の空いた箇所の修理と歯の細菌除去、強度の強化を行っています)

    MTAセメントは欧米諸国では、かなり以前より使用されているセメントです。
    前医の治療によって誤って穴を開けられてしまった根管の修理、細菌の活動停止、根管の強度の回復などたくさんのメリットが報告されているため使用することがあります。

    我が国ではMTAセメントは認可を受けていますが、保険診療の場合は、使用の仕方も厳しく規定されているため、この方法は行うことはできません。
    この方法を行うこと自体の根拠や優位性は世界各国で認められてはいますが、我が国では使用に制限がありますので、保険外治療でのみ使用が可能と考えられます。

    正確には適用外使用ということにあたるようで、担当歯科医師と患者様の間で納得の上で使用すべきとされています。

    メリットが数え切れないほどあるので現在では北米の歯学生の教育でも取り入れられているそうです。
    しかしデメリットもあります。
    未熟な歯科医師が行うとただ、穴が埋まってしまい失敗に終わってしまうことや、この治療方法は最終手段と言えるので、この方法で治癒しない場合は通常の根管治療での再治療は行なえません。
    この方法で治らない場合は外科的歯内療法という方法か抜歯、意図的再植術というものが選択されます。

    お気軽にご相談下さい。

  • SRP under the Microscope (マイクロスコープでの歯石除去)

    マイクロスコープで歯石を直接見ることで今まで手探りで勘や経験に頼っていた歯石除去が可能になり、歯周外科手術前にかなり良い状況まで持っていくことも可能になりつつあります。
    その後矯正治療を合わせるとさらに効果を発揮する場合があります。
    ちなみに歯科医師、歯科衛生士は通常このような視点で治療を行っていません、裸眼ではもちろん、ルーペでも難しい視点です。
    歯周病治療でお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

  • Smiles 人は素敵な場面でどのような表情をしているでしょうか?笑顔ではないですか、当院では皆様の幸せな笑顔のお手伝いをいたします。

    笑顔の大切さがわかる動画がありましたのでアップロードします。

    まず最初にどこに目が行くでしょうか?
    笑顔がステキ、イコール美人という公式が成り立ちそうではないですか?

    またあなたの素敵な日常、思い出の位置場面を素敵な笑顔で迎えたくはありませんか?

    当院の歯科医師、歯科技工士、歯科衛生士、デンタルスタッフはあなたのステキな笑顔とそれによってもたらされるステキな生活のお手伝いをさせていただきます。
    お気軽にご相談下さい。

  • Crown lengthening procedure(歯冠延長術)注意!!!手術映像のため苦手な方は閲覧をお控え下さい。

    歯が割れてしまったことによって、歯茎と骨の関係のバランスが崩れてしまった場合には歯周外科という手術にて適切な状態に回復いたします。このように状況によりマイクロスコープの使用でより処置は繊細で精密なものになります。

    仮歯や被せものがすぐにはずれてしまう、もしくは抜歯と言われた歯でもこのような手術で保存可能な場合もございます。

    歯周病でお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

  • 石灰化の激しい根管の場合は超音波の器具で慎重に行います。

    長いこと虫歯や、神経の死んだ状態を放置されていると、神経の部屋が著しく狭くなっています。
    そのような場合見ながらやらず、勘で行うと間違って、関係のないところに穴を開けてしまうことがあります。
    当院ではそのようなことがないように常に見ながら慎重に行います。このような治療はマイクロスコープを使用することに習熟していないと難しいです。

    パーフォレーションにて悩んでおられる、患者様はもちろん先生方のご相談を受けております。お気軽にご相談下さい。

  • 抜いてインプラントと言われた歯のファイル除去

    根管治療中に使用する器具が歯の中に残ってしまうことがあります。

    その歯の根の病気を治すために必要な場合はこの器具を取り除く必要があります。

    お悩みの先生、患者様はお気軽にご相談ください。

  • 3本の破折ファイル除去を行いました。

    歯科医師からご紹介を受けた患者様です。

    治療用の器具を前医が3本折ってしまったケースです。しっかりとマイクロスコープで確認して行えば除去、治療可能です。
    お気軽にご相談ください。
    ファイル破折やパーフォレーションを起こしてしまった、治らないなどでお悩みな先生はお力になれることがあれば、させていただきますので、お気軽にご相談下さい。

  • 根管内の破折ファイル除去しました。根管治療、歯周病治療でお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

    歯の中に残っていた器具(ファイル)を除去しました。
    もともとの封鎖に使用されていたガッタパーチャという材料を溶かし、超音波でファイルを緩めた後の動画です。
    マイクロスコープにて拡大することによってこのようなことも可能になります。ご相談はお気軽にどうぞ。

  • 小臼歯の破折ファイル除去

    根管治療中に使用していた器具が歯の中に残ってしまう場合があります。
    その歯の根の病気を治すために必要な場合はこの器具を除去する必要があります。

    このようなことでお悩みの先生、患者様はお気軽にご相談ください。

  • Vital pulp therapy 神経保存治療

    最新の歯科治療では神経まで虫歯が進んでしまっても、神経を取らなくてよいこともあります。

    出てしまった神経の部分にMTAセメントを埋めることによって、神経を保存します。海外ではすでに一般的になっているようです。

    なお動画内で見られるように、ただMTAセメントを塗れば良いわけではありません。まずは滅菌された器具を使用し、ラバーダムという処置を確実に行うことが大事です。このようなことがされていない場合は全く意味のない治療になってしまいます。

    お悩みの方はお気軽にご相談下さい。

無料相談
ページの先頭へ戻る