• 仮歯の調整(TemporaryCrownの調整)

    セラミックス治療を行う前には、被せ物がしっかりと適合することや、噛み合わせ、見た目などを十分に回復できるか、確認するために仮歯(
    TemporaryRestration,InterimRestration)
    やTreatmentrestration、ProvisionalRestratinoなど作成します。またこのようなことをしっかりと正確に行うことによって、歯の周囲の歯茎がきれいになり、型をとる時に正確に行えるようになります。仮歯調整後の歯茎、仮歯を入れた写真です。この状態で根管治療の治りを待ちます。このような丁寧な治療のうえでしか正確なセラミックス治療は行えません。手を抜けば抜いた結果がそのまま結果に表れてしまうのが、歯科治療です。
    セラミックス治療を行う場合はこのような治療を常に行なっている歯科医院を選ぶことをお勧めいたします。

  • ラバーダムを使用した虫歯の治療と重要な即時修復(IDS)

    虫歯の治療はマイクロスコープでの拡大とラバーダム防湿により行われることが必要です。
    我が国の一般的な歯科治療では、このような環境で虫歯治療を行うことは
    されていないことが多いです。
    しかし、虫歯をしっかり治したい、再発したくないと希望される患者様にとってはこのように行われなければいけません。

    虫歯でお悩みの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

  • マイクロクラック(歯のひび割れ)の修理

    奥歯に痛みを訴えていた患者様です。
    前医では、かみ合わせのせいとのことで、話をされていたとのことですが、
    その後しばらくして、激痛になってしまい、その先生にお話したところ、
    神経が炎症を起こしているから、神経を取る必要があると言われたとのことで、神経を取った1回目の治療の後、不安になってしまい、
    インターネットで調べて当院にいらっしゃいました。

    おそらく、前医の診断は間違えではなくかみ合わせが原因で起こったものであろうことには、間違えないのではないかと思います。
    しかし、クラック(ひび割れ)はマイクロスコープなどがないと
    なかなか気づくことは難しいのです。おそらくこのクラックから虫歯菌が侵入して神経の炎症を起こしたものと思われます。
    そのため、激痛になる前に神経を取って差し上げたら良かったのかもしれません。
    また、ひび割れは程度により、このように一旦修理で対応するものから、抜歯になってしまうものまで様々です。

    マイクロスコープ治療やお悩みの方はお気軽にご相談ください。

  • 精密印象(精密な型取り)

    セラミックスの被せものを作成する時の型取りでは、
    その方専用のオーダーメイドで作成された型取りの器を使用し、
    保険診療で使用する材料よりもより正確で安定している材料で型取りを行います。
    削った部分とそうではない部分の境目がしっかり写し取られるように、
    丁寧に行います。
    セラミックスなどの被せものの治療でも保険診療と変わらない方法を取られる場合もあるようですが、
    それでは被せもののの材料がセラミックスに変わっただけで、治療の結果に差は出ません。
    セラミックスが良いから良い治療結果が出るのではありません、その方法や
    技術が違うから差が出るのです。

    今まで受けたセラミックス治療では十分な時間を取りこのような方法で行われたでしょうか?

  • 裸眼による視野

    当院では、治療時常に、ルーペもしくはマイクロスコープにて治療を行いますが、まだ裸眼で治療をされている歯科医師も多いのが現状です。
    裸眼であるとこのくらいまでしか見ることができないので、これからの治療はあくまで経験と感に頼ったものになってしまうことは避けられません。
    中の詳しい状況はわからないために、自身がミスをしてもわかりにくいですし、前の治療で行われたことの修正などはできません。

    他の動画はマイクロスコープによる画像です。比べてみて下さい
    一般の方が見てもどちらが正確な仕事ができるか明白かと思われます。
    あくまで拡大して見るために、マイクロスコープやルーペを使用することは義務ではなく、歯科医師の裁量に任されています。
    あなたはどちらの治療を受けたいですか?

    根管治療を正確に行うには、やはりマイクロスコープ、少なくても高倍率のルーペが必要と考えます。
    ※こちらの画像ではラバーダムをしているのと映像処理上、裸眼よりわずかに拡大されています。

  • Vital pulp therapy & Direct Bonding の説明用プレゼンテーション

    Vital pulp therapy と Direct Bonding についての説明用のプレゼンテーションです。
    このようなプレゼンテーションを使用しながら、個々の患者様に合った説明をわかりやすく行うことに努めております。

    ここで使用する写真や動画は実際に当院で治療を行ったものを使用しています。

    歯の悩みをお持ちな方はお気軽にご相談下さい。

  • ジルコニアブリッジ 治療の内容、方法の説明は動画やプレゼンテーションにてご説明いたします。

    歯科治療というのはお口の中という、患者様からは見えない場所を治療しているため、一体何がおこなわれているのか、なぜそのようなことをするのかわからず不安なことが多いと思います。

    当院では似たような患者様の治療のプレゼンテーションを用いて、できる限り、患者様との理解の溝を埋めるように努力しています。
    いくら話で説明を聞くよりも写真、もしくは動画にて説明を受けると何倍もの情報量を得られることと、その理解を助けると思います。

    ここで使用するケースは実際に当院で治療させていただいたものを患者様の許可を得て使用しています。

  • MTA Obturation (MTAセメントを使用して穴の空いた箇所の修理と歯の細菌除去、強度の強化を行っています)

    MTAセメントは欧米諸国では、かなり以前より使用されているセメントです。
    前医の治療によって誤って穴を開けられてしまった根管の修理、細菌の活動停止、根管の強度の回復などたくさんのメリットが報告されているため使用することがあります。

    我が国ではMTAセメントは認可を受けていますが、保険診療の場合は、使用の仕方も厳しく規定されているため、この方法は行うことはできません。
    この方法を行うこと自体の根拠や優位性は世界各国で認められてはいますが、我が国では使用に制限がありますので、保険外治療でのみ使用が可能と考えられます。

    正確には適用外使用ということにあたるようで、担当歯科医師と患者様の間で納得の上で使用すべきとされています。

    メリットが数え切れないほどあるので現在では北米の歯学生の教育でも取り入れられているそうです。
    しかしデメリットもあります。
    未熟な歯科医師が行うとただ、穴が埋まってしまい失敗に終わってしまうことや、この治療方法は最終手段と言えるので、この方法で治癒しない場合は通常の根管治療での再治療は行なえません。
    この方法で治らない場合は外科的歯内療法という方法か抜歯、意図的再植術というものが選択されます。

    お気軽にご相談下さい。

  • SRP under the Microscope (マイクロスコープでの歯石除去)

    マイクロスコープで歯石を直接見ることで今まで手探りで勘や経験に頼っていた歯石除去が可能になり、歯周外科手術前にかなり良い状況まで持っていくことも可能になりつつあります。
    その後矯正治療を合わせるとさらに効果を発揮する場合があります。
    ちなみに歯科医師、歯科衛生士は通常このような視点で治療を行っていません、裸眼ではもちろん、ルーペでも難しい視点です。
    歯周病治療でお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

  • Smiles 人は素敵な場面でどのような表情をしているでしょうか?笑顔ではないですか、当院では皆様の幸せな笑顔のお手伝いをいたします。

    笑顔の大切さがわかる動画がありましたのでアップロードします。

    まず最初にどこに目が行くでしょうか?
    笑顔がステキ、イコール美人という公式が成り立ちそうではないですか?

    またあなたの素敵な日常、思い出の位置場面を素敵な笑顔で迎えたくはありませんか?

    当院の歯科医師、歯科技工士、歯科衛生士、デンタルスタッフはあなたのステキな笑顔とそれによってもたらされるステキな生活のお手伝いをさせていただきます。
    お気軽にご相談下さい。

無料相談
ページの先頭へ戻る