• 仮歯の調整

    セラミックス治療を行う前には、被せ物がしっかりと適合することや、噛み合わせ、見た目などを十分に回復できるか、確認するために仮歯(
    TemporaryRestration,InterimRestration)
    やTreatmentrestration、ProvisionalRestratinoなど作成します。またこのようなことをしっかりと正確に行うことによって、歯の周囲の歯茎がきれいになり、型をとる時に正確に行えるようになります。仮歯調整後の歯茎、仮歯を入れた写真です。この状態で根管治療の治りを待ちます。このような丁寧な治療のうえでしか正確なセラミックス治療は行えません。手を抜けば抜いた結果がそのまま結果に表れてしまうのが、歯科治療です。
    セラミックス治療を行う場合はこのような治療を常に行なっている歯科医院を選ぶことをお勧めいたします。金属が入っている歯の左側にある写真中央の2本の歯が仮歯でその場で作成したものです。
    詳細はホームページの仮歯の項目で詳細を確認いただけます。



    仮歯の調整をして行うと上や下の写真のように歯茎が整います。

    このような状態にしてから型取りをしないと精密な結果は得られません。

無料相談
ページの先頭へ戻る