• 精密印象(精密な型取り)

    セラミックスの被せものを作成する時の型取りでは、
    その方専用のオーダーメイドで作成された型取りの器を使用し、
    保険診療で使用する材料よりもより正確で安定している材料で型取りを行います。
    削った部分とそうではない部分の境目がしっかり写し取られるように、
    丁寧に行います。
    セラミックスなどの被せものの治療でも保険診療と変わらない方法を取られる場合もあるようですが、
    それでは被せもののの材料がセラミックスに変わっただけで、治療の結果に差は出ません。
    セラミックスが良いから良い治療結果が出るのではありません、その方法や
    技術が違うから差が出るのです。

    今まで受けたセラミックス治療では十分な時間を取りこのような方法で行われたでしょうか?

  • 裸眼による視野

    当院では、治療時常に、ルーペもしくはマイクロスコープにて治療を行いますが、まだ裸眼で治療をされている歯科医師も多いのが現状です。
    裸眼であるとこのくらいまでしか見ることができないので、これからの治療はあくまで経験と感に頼ったものになってしまうことは避けられません。
    中の詳しい状況はわからないために、自身がミスをしてもわかりにくいですし、前の治療で行われたことの修正などはできません。

    他の動画はマイクロスコープによる画像です。比べてみて下さい
    一般の方が見てもどちらが正確な仕事ができるか明白かと思われます。
    あくまで拡大して見るために、マイクロスコープやルーペを使用することは義務ではなく、歯科医師の裁量に任されています。
    あなたはどちらの治療を受けたいですか?

    根管治療を正確に行うには、やはりマイクロスコープ、少なくても高倍率のルーペが必要と考えます。
    ※こちらの画像ではラバーダムをしているのと映像処理上、裸眼よりわずかに拡大されています。

  • 小臼歯の破折ファイル除去

    根管治療中に使用していた器具が歯の中に残ってしまう場合があります。
    その歯の根の病気を治すために必要な場合はこの器具を除去する必要があります。

    このようなことでお悩みの先生、患者様はお気軽にご相談ください。

無料相談
ページの先頭へ戻る